三国統計ハブ

日中韓メカニズム

Promoting peace and co-prosperity among
China, Japan, and the Republic of Korea

教育 & 青少年交流

Mechanism Search

閣僚級会合

日中韓教育大臣会議 最新のイベント : 2018.03.21
第2回日中韓教育大臣会議
  • 2018.03.21
  • 東京、日本
■参加者
中国: 教育部
日本: 文部科学省
韓国: 教育部

■成果
• 2016年に開催された第1回教育大臣会議で採択された3国教育協力のためのソウル宣言による進展を検討。
• (1)3国間の学生交換を促進・拡大し、(2)キャンパス・アジアプログラムと相互学位認定に関する共同研究事業を通じた高等教育協力を強化し、(3)ユネスコ、ASEAN+3、日中韓首脳会議とASEMを通じて多国間のパートナー関係を強化する。
• 高等教育に関する新たな日中韓共同研究事業に関する声明を含む共同コミュニケーションの採択、3国協力事務局を事業の主要責任機関に指定。

■文書
Second Trilateral Education Ministers’ Meeting Joint Communique
第1回日中韓教育大臣会議
  • 2016.01.30
  • ソウル、韓国
■参加者
中国: 教育部
日本: 文部科学省
韓国: 教育部

■議題
• 日中韓の緊密な教育協力のための基盤造成
• 創意的な人材育成のための教育分野協力の拡大
• キャンパス・アジアプログラム拡大によるアジア高等教育共同体の設立を促進
• 世界教育の発展のための3国協力の増進

■成果
•教育大臣会議を定期的に開催することに合意
•青年間の相互理解促進の重要性を再確認し、新しい学生交換プログラムを模索することに合意した
•キャンパス・アジア試験プログラム成功を認め、拡大の意思を表明
•人類の持続可能な発展のための教育の重要性の再確認と多国間パートナー関係の強化合意

■文書
ソウル Declaration for Trilateral Education Cooperation

実務者会合

大学間交流・協力促進のための日中韓委員会 最新のイベント : 2017.11.23
第6回大学間交流・協力促進のための日中韓委員会
  • 2017.11.23
  • ソウル、韓国
■参加者
中国: 教育部; 中国教育部学位与研究生教育発展中心; 中国教育部高等教育教学評価センター
日本: 文部科学省; 大学改革支援・学位授与機構
韓国: 教育部; 韓国大学教育協議会

■議題
• キャンパス・アジアプログラムの品質保証とモニタリング"
• キャンパスアジアの豪家大及び持続可能な発展
• 第7回大学間交流協力促進のための韓日中委員会についての計画

■成果
1.キャンパス・アジアプログラムの品質保証とモニタリング"
2.キャンパス·アジアの拡大と持続可能な発展
3.第7回大学間交流協力促進のための日中韓委員会に関する開画
第5回大学間交流・協力促進のための日中韓委員会
  • 2015.04.10
  • 上海、中国
■参加者
中国: 教育部; 中国教育部学位与研究生教育発展中心; 中国教育部高等教育教学評価センター
日本: 文部科学省; 大学改革支援・学位授与機構
韓国: 教育部; 韓国大学教育協議会

■議題
• キャンパスのアジアプログラムの品質保証およびモニタリング"
• キャンパスアジアの豪家大及び持続可能な発展
• 第6回大学間交流協力の促進のための日中韓委員会に対する計画

■成果
1. キャンパス・アジアプログラムの品質保証とモニタリング"
2. キャンパス·アジアの拡大と持続可能な発展
3. 第6回大学間交流協力促進のための日中韓委員会に関する開画
第4回大学間交流・協力促進のための日中韓委員会
  • 2013.08.06
  • 東京、日本
■参加者
中国: 教育部; 中国教育部学位与研究生教育発展中心; 中国教育部高等教育教学評価センター
日本: 文部科学省; 大学改革支援・学位授与機構
韓国: 教育部; 韓国大学教育協議会

■議題
• キャンパス・アジアの拡大
• 示範プログラムの活動モニタリング
• 第5回大学間交流協力促進のための日中韓委員会についての計画

■成果
1. キャンパス·アジアの拡大
委員会はアジア高等教育で"キャンパス・アジア"の重要性、開放性と発展の可能性を共有・確認。2012年5月に北京で開催された第4回日中韓首脳会議の精神に基づき、域内の人材育成のためのプログラム規模や範囲をさらに拡大しようという計画と緊密な協力を踏まえ、委員会は試験プログラムを基に"キャンパス・アジア"の発展·向上を図る。

2. 試験プログラムのモニタリング活動
委員会は"キャンパス・アジア"の品質保証を促進するモデル・プログラムのモニタリングの重要性を共有。モニタリングはプログラムの拡大のために重要な標準形成につながる; 委員会はモニタリングの持続的な進展を期待する。
*モニタリング・プロジェクトは3国品質保証機関の協力で施行され、大学の品質保証活動に集中する予定。3国の品質保証機関は、教育の質の面で模範事例を選び、高等教育共同体に伝播。
*5年間、2回行われるモニタリングにより、品質保証機関は共同で3国の品質保証活動を比較·分析し、3国の品質保証機関のために、超国家的な教育の品質保証のためのガイドラインを作る。

3. 次の日中韓委員会
第5回大学間交流協力促進のための日中韓委員会は、2014年秋、中国・上海で開催される予定。
第3回大学間交流・協力促進のための日中韓委員会
  • 2011.05.17
  • 済州、韓国
■参加者
中国: 教育部; 中国教育部学位与研究生教育発展中心; 中国教育部高等教育教学評価センター
日本: 文部科学省; 大学改革支援・学位授与機構
韓国: 教育部; 韓国大学教育協議会

■議題
• キャンパス・アジア示範プログラムの開始
• 示範プログラム (10コンソーシアム、 26大学)

■成果
2017年5月17日、韓国・済州で開催された第3回日中韓委員会は以下の通り合意:キャンパス・アジアの実行
1. 目的
第3回日中韓首脳会談で採択された日中韓協力ビジョンに基づき、キャンパス·アジアはいろんな交流プログラムを通して、大学間協力と3国学生の相互理解を促進すること、そして最終的には大学の競争力向上と次世代アジア人材育成を目標とする。

2. 試験プログラム
キャンパス·アジアは試験プログラムとして開始される予定であり、その後は様々な種類とレベルの交流プログラムが開発され、プログラムの規模が試験プログラムの経験に基づいて拡大される。第2回日中韓委員会の議論に基づき(2010.12北京)、3国の実務グループは以下の通り試験プログラムの実行のための原則を樹立。これらの原則は第3回委員会で確認。
1)交流主体: 3国の学部生と大学院生
2)参加単位: 3国大学のコンソーシアム
* 参加資格 : 3国の国内国立・公共・民間の大学
*支援は学科、または単科大学レベルで行われ、参加大学を通じて提出。
* 1つの大学が多数のコンソーシアムに、1国の多数の大学が一つの3者コンソーシアムに参加できる。
3)交流プロジェクトの形式と分野:各要素によって自律的に決定
4)交流プロジェクトの期間:各コンソーシアムによって自律的に決定、1年が勧告され、試験段階では最低3ヶ月。
5) 交流学生の数: 試験段階で各国は毎年100人の往復移動を支援(1年交換を基準に)。各国が同数の交換留学生を維持し、同数の学生を送り受けることが勧告される。上記した数(100人)に民間または自大学で後援を受ける学生は含まれていない。各コンソーシアムはプログラムに適した学生を裁量によって受け取ることができる。
6) 試験プログラムの期間: 3-5年
* 2011年の提案書共同募集とコンソーシアム選抜、以後2012年学生交換
* 3国は2年ごとにプロジェクト経過を共同で評価。(例えば、5年プロジェクトの場合、2013(会計年度)中間評価と2015(会計年度)最終評価)。成果がわずかなプロジェクトの場合、財政支援が減少・中断する恐れがある。
7)選ばれるコンソーシアム数: 約10コンソーシアム
8)プロジェクト選抜: 第1段階(各国の自律的な評価)、第2段階(3国の共同評価)
9)言語: 各コンソーシアムによって自律的に決定
10)大学への支援: 各政府によって自律的に決定
11)学生に対する支援
*2各学生は自大学に授業料を納付し、コンソーシアムを構成している大学間の授業料は相互免除される。しかし、各コンソーシアムは裁量のもと、 授業料を納付する学生を追加的に受けることができる。
* 政府支援:収容国が最大100人の入国学生に自国政府支援奨学生に見合う最小支援水準を提供することが勧告される。
第2回大学間交流・協力促進のための日中韓委員会
  • 2010.12.10
  • 北京、中国
■参加者
中国: 教育部; 中国教育部学位与研究生教育発展中心; 中国教育部高等教育教学評価センター
日本: 文部科学省; 大学改革支援・学位授与機構
韓国: 教育部; 韓国大学教育協議会

■議題
• キャンパス・アジア示範プログラム実施のための準備作業

■成果
品質保証機関と産業を含む、その他の関連機関に推薦する。(各措置に関する具体的な説明は漏れた)。
* 品質保証システムの構築
* 交流プログラムの効果的な実行
* 交換留学生のための良質のサービス
* 包括的で、一貫性があって、透明な品質保証フレームワークの構築
* 関連大学が交流プログラムに参加するように奨励
* 品質保証機関に対する支援
* 手続きの明確性と透明性の維持
* 共通標準作成と共同評価
* 職員のための力量強化
* 産業と、その他の関連主体
* 3国交流の重要性理解

3. 試験プログラムの実行のための計画(論議中)。会議では、次のような内容と事案が議論。
1) 試験プログラムの目的は、3カ国の大学間の協力教育計画を実現するため、開放性、拡張性、柔軟性と自発性の原則の下で、単位互換と成績評価を履行することであり、その結果に基づいて大規模な協力計画を発展させること。
2) 試験プログラムにより、3カ国の大学は小規模コンソーシアムを構成し、協力教育プログラムを履行すると予想 - "短期訪問"、"夏プログラム"、"複数学位プログラム"を含む短期・長期プログラム
3)実行するための論議
* 提案書要求の手続き
* 交流プログラムで使われる言語
* 選抜と評価の構造
1 2

日中韓の協力事業

日中韓大学総長フォーラム 最新のイベント : 17.12.13
第1回日中韓大学総長フォーラム
  • 17.12.13
  • ソウル、韓国
■参加者
中国: 教育部
日本: 文部科学省; 国立青少年教育振興機構
韓国: 教育部; 韓国大学教育協議会
キャンパス・アジアの17コンソーシアムを含む大学の代表

■議題
・主題:日中韓間の学問交流の未来構想
・キャンパス・アジアプログラム開始
- 交流プログラム
- 海外採用の可能性

■成果
·キャンパス・アジアプログラムの開催式"
-キャンパス・アジアプロジェクト記念碑と結果発表
-学位授与
-キャンパス·アジア大学の発言

・セッション1: 交流プログラム
-学問交流の未来
-ERASMUSの示唆点
-キャンパス・アジアの品質向上

・セッション2:世界採用の可能性
-世界会社の人材戦略
-人情と交流を通じて採用可能性の促進
-世界戦略:インターンシップと産学協力